切さんしょ 鶴岡木村屋ネットショップ

お菓子の種類から選ぶ

  • 通年菓子の一覧ページへ
  • 季節菓子の一覧ページへ
  • 和菓子の一覧ページへ
  • 洋菓子の一覧ページへ
  • クール便の一覧ページへ
  • 送料込みの一覧ページへ
  • おひな菓子の商品ページへ
  • 古鏡の商品ページへ
  • マロンの商品ページへ
  • だだちゃ豆菓子シリーズの商品ページへ
  • 出羽くるみ餅の商品ページへ
  • 楽の商品ページへ
  • 古鏡せんべいの商品ページへ
  • 潮音堂の商品ページへ
  • 花氷の商品ページへ
  • のし梅の商品ページへ
  • 庄内ゆべしの商品ページへ
  • きつねめんの商品ページへ
  • ムラングの商品ページへ
  • 山形パンデロー月の山の商品ページへ
  • ふるさと庄内の商品ページへ

贈るシーンから選ぶ

  • 菓子折り・ギフトセットの一覧ページへ
  • ご法要・香典返しの一覧ページへ
  • 山形のお土産の一覧ページへ
  • 季節のギフトの一覧ページへ
  • 長寿のお祝い・賀寿のお祝いの一覧ページへ
  • 快気祝いの一覧ページへ
  • 結婚内祝いの一覧ページへ
  • 出産内祝いの一覧ページへ

価格帯で選ぶ

  • 3,000 円以下
  • 3,001 円〜 4,000 円
  • 4,001 円〜 5,000 円
  • 5,001 円以上

営業カレンダー

赤い字が休業日です。

ご注文は24 時間、年中無休にてお受けしておりますが、 休業日の注文確認・商品の発送業務・お問い合わせの対応はお休みさせて頂いております。

トップページ > 季節菓子 > 切さんしょ

切さんしょ―きりさんしょ―

山椒のガクを乾燥させ細かくして餅に練り込んで作ったお菓子です。

2021年の切山椒の販売について

2021年は11月16日から切山椒の販売を開始します。本年は12月17日まで販売を予定しておりますが原材料の状況により、販売期間が前後する可能性がございます。何卒ご了承くださいませ。

山椒の皮を一つひとつより分け風味の良さを活かした逸品

北国の城下町に伝わる年の瀬の風物詩

12月17日ー年の瀬も迫り、城下町鶴岡では雪もちらつき始めます。


その日は観音様のお歳夜。


鶴岡市旧七日町の観音堂は一年の厄落としにだるまを買い求める参拝客で賑わいます。
鶴岡ではこの観音様のお歳夜に、縁起菓子として「切山椒」が買い求められてきました。

切さんしょ

鶴岡の「切山椒」は、こくのある黒糖と山椒がピリッときいた細長く切られたもち菓子です。山椒の果皮を乾燥させて粉にし、ふっくらと蒸しあげたお餅に混ぜながら練り上げることで、柔らかな歯ざわりを作り出しています。


山椒はその強い芳香から古くから魔除けとして、また一度にたくさんの実をつけることから子孫繁栄につながる縁起物とされてきました。鶴岡では厄除けに鬼門の位置にとげがある山椒の木を植える習慣があることから、山椒が使われている「切山椒」は厄を祓い新年に良きことあれと願う年の瀬の風物詩として長らく鶴岡の人々に愛されてきました。

丁寧に時間をかけて風味を引き出した山椒の粉

収穫された山椒

師走が近づいてくると市内の菓子店では切山椒作りが始まります。


当店ではその年の切山椒に使う山椒の実を9月から集め始めます。

鶴岡で採れた赤く熟した山椒の実をじっくり天日干しで乾かします。


そしてしっかり乾いた山椒の実をひとつひとつ手作業で皮と種により分けていきます。

山椒のより分け作業
山椒の粉

2ヶ月ほどかけてようやくより分けた山椒の皮だけを粉にして切山椒に使います。


大変時間がかかる工程ですが、風味が良い切山椒を作るために手間暇を惜しみません。

口中に広がる、優しい甘さと山椒の香り

練り カット 粉落とし

長い時間を掛けようやく出来あがった山椒の粉を、黒糖と共に餅に練りこみます。板状に伸ばし細くカットすれば、鶴岡名物「切山椒」のできあがり。一口食べると、黒糖のやさしい甘さとコク、そして爽やかな山椒の香りが口いっぱいに広がります。


11月中旬から12月中旬までわずか1ヶ月のみ鶴岡市の菓子店に並ぶ縁起菓子「切山椒」。鶴岡で愛されてきた年の瀬の風物詩「切山椒」が今年もようやくできあがりました。

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示